『死にがいを求めて生きているの』感想

『死にがいを求めて生きているの』 朝井リョウ

 

この記事を読んで、私の知りたいことが書いてありそうだなーと思い数年ぶりにお金を出して本(小説)を買って読んでみた。

https://www.buzzfeed.com/jp/yuikashima/ryo-asai

 

 

この本の中身を私の都合のいいように解釈し要約をすると、「何にも縛られず好きになれない、興味がない、生きがいがない人間は苦しいし困る、そしていかにして生きていくか」ということだと思う。(対立とか平成とか螺旋プロジェクトとかこの小説の幹はあるらしいが、知らん)

 

生きがいがない人間は苦しい、そしていかにして生きていくか。

 

このテーマは今思うと何度か私の人生で繰り返されてきたように思う。

(はい、以下自分にまつわる話です)

昔、何も好きになれないという人がいた。何も好きになれない。何にも興味を持てない。いや、一見その人はとても活動的なのだ。例えば成績は優秀で、さまざまな人と色々な活動をしたり、本をたくさん読んでいたり。でも、何も好きではない。それを私がどうにかできることはなかった。そのときの私は、自分のやりたいことにあまり疑いを持っていなかったので、好きなことがない人がどうやって生きていくべきかをかんがえてみたりもしたが、本当の意味で思いを馳せることはなかった。

 

 

その少しあと、私は大学院にいた。大学院には、自分の好きなことをしに行ったつもりだった。でも、他の人を見ていると私はそんなにその分野が好きじゃないのかもなぁ、と思うようになった。研究の面白さや楽しさは、自説を解き明かしていくことにあると思う。でも私は、その方法を追うことが苦痛で別に楽しいとは思わなかった。楽しいのはその調査に必要な土地や景色や人との会話であって、研究的な興奮ではなかった。土日は普通に休んで、服を買って、漫画を読みたかった。

 

 

それでも自分の好きな分野であることは変わらないと思い、研究のレベルと自分のレベルが合っていなかったと思うことにし、その分野に関わることで働くことにした。

仕事内容は、その分野に関係する新しいものを作る仕事だ。

最初のうちは変化と安定に安らぎを覚えたけど、毎日に苦しさも覚えるようになった。だって、やっぱり私はその分野に並外れた興味がないことがわかったし、安定しちゃうと新しいものをわざわざ作るモチベーションがない。つまり仕事にならない。これは困る。なので、私はモチベーションを持てない原因を探りたいと思って本やネットの文章をあれこれ読むようになった。

 

 

(自分の好きな分野の枠を外して色々と読んでいるうちに、自分はある分野について好きなのではなくて、理由や仕組みを知ることが好きなのかなぁと思うに至った(←イマココ))

(今のところの結論としては、「人間は社会的な生物だから、社会的規範がなくなると何をしていいかわからなくなるのは当たり前だし、大方の人間は特に何にも好きなことや生きがいをあらかじめ持っていない」というものと、「並外れた興味がないと突出できない、評価されないのも社会的な制約であって、だからこそそれを気にしない精神で居られる者は強い」の二つを考えている)

 

社会的規範というのは、つまりジェンダーやら地縁やら親戚やら今までしがらみと捉えられてきたもので、ある意味それは思考放棄してもよいことになる便利なルールだったわけだが、今の日本、特に若者?はそのルールがない。親戚づきあいも特にしなくていいし、守るべき家もない、トラウマも病気もない、どこにでも引っ越せるので地域のネットワークもない、お金もとりあえず困らない。だから、自分を規定するものがない。

 

じゃあ趣味とか作ればいいじゃん、ってなるけど、何にも、はまれない。だから自分でも苦しい。何にもはまれないと、「仕事」になんないから、困る。

 

…ということをドラマチックにダイナミックに急進的に先鋭的に書いたのが先の小説『死にがいを求めて生きているの』だと思うの。

 

これを解決するアイディアが小説のなかほどで紹介されるのだが、「高尚な生きがいを無理に求めなくてもささやかな好きな人の幸せを守る、じゃだめ?」というものだ。これには発動条件があって、①まず人を好きになる ②両思いでないと、短期間のうちに終了する というものだ。なかなか難しい。

 

 

しかし、解決策を開発できないでもこの小説によって「何にも縛られず好きになれない、興味がない、生きがいがない人間は苦しいし困る、そしていかにして生きていくか」という問題は非常にわかりやすく提示された。そのことにちょっとほっとする。

 

(あと、この小説の問題提起は例えばAIと科学が発達してやることなくなった人間の問題にまで発展するんじゃないかなーという気もするけど、それは小説の読みすぎかもしれない。)